押出成形を行う現場ではメヤニを抑制する離型剤の存在が必要不可欠

工場地帯

CHOICES

簡単に塗布できるフッ素コーティング系離型剤がオススメ

作業服の女性

プラスチックやゴムでできた製品などは、型に流し込まれることで成形されます。そうしてできた製品を型から取り外す時に必要となるのが離型剤です。離型剤にはいくつか種類がありますが、もっとも利便性があり、現場で使われることが多いのが、フッ素コーティング系の離型剤です。このタイプの離型剤はメヤニができるのを抑制する効果も高いことから注目されています。
フッ素コーティング系の離型剤には様々なメリットがあります。なんといっても使いやすさが魅力です。使用するのに手間がかかる離型剤だと、作業も効率的には進みづらいです。フッ素コーティング系の離型剤は、刷毛で直接型に塗布できる形状のものや、エアゾールでスプレーできるタイプのものがあります。どちらも手早く確実に塗布することが可能です。また、フッ素コーティング系の離型剤は汚れにも強いので、洗浄も楽で作業の手間を削減することができます。
離型が上手くいかないと、型にメヤニと呼ばれる堆積物がたまってしまいます。メヤニができることで、製品に傷もつきやすくなります。スムーズに型から取り外すことができるフッ素コーティング系の離型剤なら、メヤニができることを抑制することもでき、製品の品質もよくなります。
離型剤を選ぶなら、刷毛やスプレーで簡単に塗布でき、さらにメヤニも抑制できるフッ素コーティング系の離型剤がオススメです。

包装フィルムにもフッ素コーティング系離型剤が使われます

樹脂の押出成形を行う上で、離型剤は材料に含まれる成分の析出と堆積を抑制し不良率を下げるものとして用いられます。包装用フィルムの製造工程でもダイス出口やローラーでメヤニを抑制する必要があるものの、食品用ともなると油脂系の離型剤が使用できません。そのため、フッ素コーティング系離型剤は食品用包装フィルムの製造工程において、メヤニを抑制するため用いられています。
油脂系の離型剤は安価に手に入れることができ、メヤニを抑制ができるものの食品用包装フィルムに使用した場合、離型剤を除去する工程が必要になります。また、油脂系の場合、汚れやほこりなどを巻き込んでしまい異物混入のリスクを高めます。しかし、フッ素コーティング系の離型剤はダイスやローラーの金属表面に人体への影響がほとんどないフッ素化合物により皮膜層を形成します。
撥水性や撥油性が高く、溶融樹脂もこびりつき難く、離型性と異物混入の防止効果が高いとして包装フィルムの製造工程だけでなく、食品の包装工程においても使用されます。また、フッ素コーティング系離型剤は水溶性のものが多く、食品関連の工場で有機溶剤が使用できない場合でも安心して使用することができ、安全性も確保できます。また、希釈して使用できるものも多く、経済性を重視する製造工程でも使い勝手がよく、コストも気にせずに使用できるとして人気となっています。

フッ素系離型剤なら長時間の連続加工でも問題なし

溶融樹脂を連続成型する製造工程において、樹脂材料に含まれる成分が堆積してしまうメヤニの抑制は必要不可欠です。金型で連続射出成型といっても、時間と回数によるものであり、加工設備が数時間や一日そして一週間近く連続で稼働するものではありません。ですが、実際には一週間以上も連続稼働する製造工程もあり、フッ素コーティング系離型剤がメヤニを抑制するため利用されています。
溶融樹脂をチューブ状に押出加工する製品として、電線やホースがあります。これらは数千メートルや数十万メートルを1週間連続で稼働して製造されています。一度セットされた金型は、終結作業まで取り外されることがなく、離型剤も過酷な連続操業に耐えられる性能が求められます。フッ素コーティング系離型剤は、金属表面に化学的な皮膜を形成し、樹脂系の離型剤のように短時間で効果が損なわれることがありません。
また、フッ素コーティングは加熱することで金属表面とも安定して結合するため、高温で連続加熱押出を行うといった過酷な製造工程でも高い効果を発揮します。さらに、連続加工してもメヤニの発生が抑制できることで、十数万メートルも加工し後半で不良が発見され、大半を廃棄してしまうことも避けられます。また、専用ラインで同じ品種とサイズの電線やチューブ製品を加工する場合でも、加工停止の頻度が低減できるとしてフッ素コーティングは用いられています。

CHOICES

TOP