押出成形を行う現場ではメヤニを抑制する離型剤の存在が必要不可欠

工場地帯

CHOICES

ゴムチューブやパッキンの不良率低減にフッ素コーティング系離型剤!

作業中の手元

ゴムチューブやパッキンなどは、金型で連続成型することになるものの、離型剤の塗布ムラにより不良品が発生し歩留まりが悪くなってしまいます。塗布ムラにより、完全な成型不良の場合、大きなロスになるものの、メヤニは手間をかけることで製品は良品とすることができます。しかし、メヤニによる出来高効率が悪いというのであれば、フッ素コーティング系離型剤でメヤニを抑制してみませんか?
メヤニは、離型剤を塗布しても塗布ムラだけでなく、余分な樹脂が流れる箇所に不均一さがあるだけでも発生してしまいます。特にワックス系離型剤の場合、塗布ムラにより樹脂材料の流れが変化することもあり、離型剤を塗布したことでメヤニが発生しやすくなる可能性もあります。ですが、フッ素コーティング系離型剤は、金型の金属表面に薄い保護皮膜が形成され、ワックスのように皮膜層に不均一さが生じにくくなっています。
また、連続押出成型になるゴムチューブの場合、ワックス系の離型剤が製品表面に付着持ち出しがされてしまいます。しかし、フッ素コーティングは製品表面に付着することがなく、連続押出成型にも優れた効果を発揮してくれます。そのほかにも、長期間にわたり効果が継続されるため、メヤニの発生原因となる樹脂停滞も生じにくくなります。樹脂成型の不良率低減にフッ素コーティング系離型剤を導入しましょう。

CHOICES

TOP